Event is FINISHED

Processing Community Day Japan 2021

Description
WEB: https://pcd-tokyo.github.io/

Processing Community Day Japan 2021を2021年2月20日(土)、21日(日)にオンラインで開催します。今回は2日間に渡って、Processingをデータ可視化に活用している山辺真幸さんによる基調講演の他、トークセッションやワークショップを実施します。また、13日(土)からデイリーコーディングチャレンジや作品ギャラリー、グッズ制作などオンライン企画を予定しています。初心者や独学者はもちらん、習熟者も発見を得られるものとなるでしょう。トークセッション他スケジュールは、当日に向けてこちらのページやTwitter上で順次アップデートしていきます。

参加チケット(無料・寄付)を申し込みいただいた方には、20日の配信リンクと21日の両方のワークショップのリンクをお送りいたします。

※配信URLは公開していますが、参加人数の把握やアンケート等のため参加登録いただけますと幸いです。

また、スポンサーのOpenProcessing様のご厚意により、参加者全員にOpenProcessingのプラスライセンスを発行いたしますので、制作等に役立ててください!

いただいた寄付はボランティアの運営メンバーの謝礼に充てさせていただきます。

タイムテーブル


2/13(土)〜
デイリーコーディング + 3Dギャラリー 詳細はこちら
PCD Japan ギャラリー フォームからどなたでも投稿できます!
Online Camp Reona396と有志によるグッズ制作

2/20(土)Youtube 配信 https://www.youtube.com/watch?v=HT5Ff4lX4Ds
17:00-17:40:キーノート 山辺真幸
18:00-19:00:トークセッション ayakoooちにゅり菅野創、ひえだ

2/21(日)Zoom (リンクはチケット申込いただいた方全員に通知します)
13:00-15:00:ワークショップ「Generative Illustrations」サヤマ (@hyappy717)
18:00-19:00:ワークショップ「MiniTidalサバト」岡千穂(@chihooka
20:00-21:00:ワークショップ「Hydra:ペイント、リミックス、破壊&不具合」Naoto Hieda (@naoto_hieda) ※追加WS


キーノート



山辺真幸「新型コロナの実像をビッグデータで映し出すーProcessingによるデータ・ビジュアライズー」 @masakick
2/20(土) 17:00-17:40
新型コロナの実像をビッグデータで映し出すーProcessingによるデータ・ビジュアライズー

世界で拡大を続ける新型コロナウイルス、その終息は未だに見通せません。拡大を押さえ込む糸口を掴むためにウイルスに関する様々なビッグデータの解析が世界各国で行われています。本講演は最新研究により明らかになったウイルスの実態をビッグデータで可視化し、NHKスペシャル、クローズアップ現代+で放送した高精細なデータ・ビジュアライズと、Processingを使用した制作舞台裏を紹介します。

トークセッション

~自分らしくクリエイティブな活動をするには~:ayakoooちにゅり菅野創、司会:ひえだ
2/20(土) 18:00-19:00

電子音楽やイラスト、メディアアートなどさまざまな分野で活躍している旬のクリエイター三名をゲストに迎え、先のわからないこの時代にクリエイティブな活動を続けていくにはどうしたらいいのか、司会のひえだが率直な疑問をぶつけていきます。進路に悩んでいる学生のみなさん、クリエイティブ・コーディングを生かしたキャリアプランに興味を持っているみなさん必見です!

ワークショップ


サヤマ「Generative Illustrations / p5jsでグラフィックガチャをつくる」@hyappy717
2/21(日) 13:00-15:00
クリエーティブコーディングって丸や四角がならんだ抽象的な表現のイメージが強いかもしれませんが、具象的モチーフをジェネラティブに描いてみるのも面白いです。 モチーフを描画メソッドに落とし込む → パラメーターに乱数を代入して多量に生成 → つくった自分もびっくりな予想外の形や色の組み合わせが現れる(具象的だからこそ生じる、イメージと生成結果とのギャップが楽しい!) このようなグラフィックガチャ的なものをつくりながら、p5jsでビジュアル表現を楽しむ手法をご紹介します。


岡千穂「TidalCyclesワークショップ:MiniTidalサバト」@chihooka
2/21(日) 18:00-19:00
これはTidalCyclesのサブセット(a.k.a. 簡単バージョン)であるMiniTidalと数字の6を使ったオンライン・ワークショップ集会です。Estuaryというブラウザで開けるプラットフォーム、MiniTidal(a.k.a. 簡単バージョン)、数字は6しか使わないので、今までにコードを書いたことがない魔女でも大丈夫。インストールも必要ありません。
サバト (Sabbath、Sabbat) とはヨーロッパで信じられていた魔女あるいは悪魔崇拝の集会。魔宴、魔女の夜宴・夜会ともいう。ヨーロッパでは土曜の夜に魔女が集会を行うと信じられ、中世から17世紀ごろまでサバトに参加した罪を告発されて裁判にかけられた無数の人々の記録が残っている。しかしそのような集会が本当に行われたという信頼に足る記録はなく、サバトについて書き記されたことの多くは故意に作り上げられた虚報か、人々の想像の産物とも考えられている。(Wikipediaより)
※Google Chrome推奨、参加の際はイヤホン・ヘッドホンのご用意をおすすめします。


Naoto Hieda「Hydra:ペイント、リミックス、破壊&不具合」@naoto_hieda
2/21(日) 20:00-21:00
ブラウザで動くビジュアル生成ライブコーディング環境「Hydra(ハイドラ)」の入門ワークショップです。実際にコードを書きながらHydraのコンセプトを学びつつ、終盤は講師のコードを書く手が止まらなくなり収拾がつかなくなるワークショップ・レクチャー・パフォーマンス形式です。


Sponsored by

ライゾマティクス 真鍋大度
イレブンプレイ MIKIKO
OpenProcessing

Processing Community Japan @pcd_tokyo


高尾俊介 @takawo
Naoto Hieda @naoto_hieda
Reona396 @reona396
中村陽菜 @hina_nkmr
NIINOMI @r21nomi
@DosShrimp
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#924597 2021-02-18 19:29:44
More updates
Feb 20 - Feb 21, 2021
[ Sat ] - [ Sun ]
5:00 PM - 11:55 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット FULL
参加チケット(寄付¥500) SOLD OUT ¥500
参加チケット(寄付¥1,000) SOLD OUT ¥1,000
参加チケット(寄付¥3,000) SOLD OUT ¥3,000
Organizer
Processing Community Day Japan
582 Followers

[PR] Recommended information